最近のトラックバック

« 今年の春(とはいえもう去年)の前立腺癌さわぎ(その8) | トップページ | 今年の春(とはいえもう去年)の前立腺癌さわぎ(その10) »

今年の春(とはいえもう去年)の前立腺癌さわぎ(その9)

1週間入院の小線源治療治療を終えた5週間後、3.5週間入院の外部放射線治療も無事終わってもう1か月が過ぎた。待ち遠しく焦がれた私の高リスク前立腺癌の治療はこれですべて終わり、あとは副作用の対応とPSAの経過観察となる。放射線による副作用の頻尿や排尿痛、頻便に排便痛は今のところ想像の範疇であり、先輩方のブログで確認しているとおりでもあり、外出時には気を付けるようにしているというか、トイレの無い場所や車両には極力近寄らないし乗らないようにしている。頻尿の程度は自分ではよく分からないが健康時の1.5倍から2倍くらいか?漏れる寸前というか先っぽ摘まんでトイレに駆け込むようなヒヤリは数多くあれど今のところパンツを濡らすまでの悲惨な事故に至った経験は未だ無いが、切羽詰まった状況で駆け込んだ状況の割にいざその放水量はなんとも乏しく情けなくちょろちょろちょろちょろちょろちょろちょろちょろちょろちょろちょろちょろちょろちょろと長いったらなく、若干の排尿痛のせいなのか止まったのがまだ出ているのかが未だもって解らない。同期生で近江八幡のTさん曰く「一旦止まるんやけど5分くらい構えたままにしとかなまた2発目が出ますねん」とおっしゃっておられた意味が解る。構えたままにしているともうひと搾り、2番絞りがもっとか弱くちょろちょろと出るような出ないような、そんな深夜の排尿は一気に老人になったような情けなさなのだが決して今が不健康というわけでもなく、若干の倦怠感はあれど食欲旺盛の暴飲暴食、毎晩のビールに追っかけで飲む焼酎が欠かせない日々はとてもじゃないが癌患者の生活ぶりとは思えない程能天気だ。思い起こせば昨年春、高リスク前立腺癌を告知され、絶望のまま車をやみくもに走らせ、仕事も手につかずネットで治療方法や闘病日記を検索し続けていた日々。PCや本に向かうことでなんとか正常を保っていた日々。目覚めるたびに夢であって欲しいと願う日々。今とても前立腺癌で苦しみぬいた患者とは思えないここんとこのお気楽な生活ぶりは何と言っても色々な先輩方の闘病日記で紹介されていた滋賀医科大学付属病院前立腺癌小線源治療学講座特任教授の岡本圭生先生の「小線源治療を希望される患者さんへhttp://www.shiga-med.ac.jp/~hqdbpc/brachytherapy6.html」というページにたどり着いたことが全てだ。岡本メソッドの成績は高リスク患者であっても5年非再発率が95%という極めて好成績な治療であり、はっきり日本一、その実績は1100人を超える。ページにはなんと?「前立腺がんの治療法でお悩みの方やセカンドオピニオンをご希望の方は、遠慮なく下記の担当医までメールでご相談くだされば幸いです。」とあり、この文を幾度読み直したことか。そしてこのページの下のほうには岡本先生宛のメールアドレスが本当にぽんっ!と載っており、その間口の広さにも驚くまま、お忙しい先生と聞いているからなるべく簡潔にと読み直しては編集し、消しては書いて漸く思い切って「送信」すれば半日置いて「大丈夫です。普通に治ります。〇月〇日に予約しておきますのでこれこれの資料をお持ちください。」というような簡潔なメールが来て思わず声が出て飛び上がった。「やった~!」もう治った気持ちになって小躍りするお調子者で小心者の私。迷いのかけらもなく、岡本先生に10000%お任せするまま無事に長い入院治療も終え、現在自分が癌患者だという自覚すら無い状態の私に回りの人達は眉を寄せ心配顔で近寄ってくる。元気なのに「元気になったら一杯やろう」と言うから別に元気だし、毎日お酒も飲んでるよというと「それなら飲もう」「いつ飲もうか」というようなことになるために退院祝いの宴が一時期続き、胃腸の調子が悪くなったが治療が終わったら恩返しだ。岡本先生も「生かされた命に感謝するとともに、今からは他人のために使いなさい」と後光が射すなか言っておられたがまさにそのとおり。滋賀医科大学付属病院側が閉講しようとしている前立腺癌小線源治療学講座をなんとか契約更新、治療を継続させることで、待機患者さんたちを一日も早く絶望の淵から救って欲しいと願うものである。癌を宣告された患者の気持ちは患者本人にしか分からない。生かされた私の命は今後も極力患者会等の活動にあて積極的に参加することで恩返しをするものである。(と言いながらなかなか診療の日と合わないのでここのところ参加出来ずにいるのだが我が気持ちは5割がた滋賀に置いて)

Img_5610

« 今年の春(とはいえもう去年)の前立腺癌さわぎ(その8) | トップページ | 今年の春(とはいえもう去年)の前立腺癌さわぎ(その10) »

前立腺癌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の春(とはいえもう去年)の前立腺癌さわぎ(その8) | トップページ | 今年の春(とはいえもう去年)の前立腺癌さわぎ(その10) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ