最近のトラックバック

« ひさびさイリコ中華蕎麦に唸る | トップページ | 空港うどん恐るべし »

房総半島の竹岡ラーメンに触れまたまた唸る

Tenichi
千葉県のこの地への出張は数十年間から幾度もあったが、ラーメンに関してはどうしても自分の育った味に対しての比較になり、首都圏の蕎麦文化から醤油真っ黒のしょぱいイメージしかないままなんとなく敬遠していたが、この歳になり各地でラーメン蕎麦うどんをすするうちに美味いというより、現地で愛されている味、ソウルフードを求める視点での一杯を求めるようになった今回、姉ヶ崎駅で検索すれば竹岡ラーメンの流れを汲む店舗を発見。特徴は豚骨や魚系の出汁一切なし(化学調味料はあり?)基本チャーシュウの煮汁(醤油と酒)をお湯あるいは麺の煮汁で溶いただけのものとか。トッピングに刻み玉ねぎ、お出汁は豚肉の旨みと脂だけ?と思いつつ暖簾を潜ればそこは別世界。常連さんたちがビールを飲みつつラーメンを食しているのを横目に・・これがなかなか・・・やるね・・・不思議な美味さ・・・。

« ひさびさイリコ中華蕎麦に唸る | トップページ | 空港うどん恐るべし »

らーめん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488076/40304450

この記事へのトラックバック一覧です: 房総半島の竹岡ラーメンに触れまたまた唸る:

« ひさびさイリコ中華蕎麦に唸る | トップページ | 空港うどん恐るべし »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ