最近のトラックバック

« 牛骨ラーメンの名店で茶トラの看板猫 | トップページ | 牛骨ラーメンの超有名店で叉焼を沈める瞬間の幸せ »

朝1時30分と10時30分のラーメン

Ryozanpaku01散々飲みちからして2次会3次会、4次会で更に飲んで食うて深夜にしか開かん幻の食堂「梁山泊」に突入じゃ。

いつものようにラーメンを注文したんじゃが、ここの品のエエ女将が「麺はどうしましょうか」ちゅうけえ「固麺でお願いします」ちゅうてにこにこ待っちょったら超やわやわ麺で笑うてしもうた。で、肝心のスープは「?」あれれ?いつもよりお出汁薄い?とかべろんべろんの思考回路で食い残し逃げ。

Ranrannew1 と、記憶が途切れて朝。いつものように二日酔いの朝はラーメンときめちょるけえ一路隣町まで車を走ら、猫のおる店は臨時休業ちゅうていいよったし、あそこにしようかあそこにしようかと散々迷った挙句、牛骨の名店「蘭らん」に突入じゃ。

ここは普通に固麺じゃけえ「小」だけ告げていつもの超遅いオペレーションにも慣れたまま出てきた逸品にたまげたね。こりゃあ昔なつかし中華蕎麦系。スープは透明ですっきり、牛骨臭も薄いしお出汁も薄めで味も薄め。麺も柔らかめで「?」二日酔いでへろへろの思考回路のままここも食い残し逃げしようかと思いつつここで実は箸が進まん訳、朝方の梁山泊のラーメンを食べたことを思い出したっちゅうわけなんじゃ。

なんか午前中だけで2軒食べた割りにやあちょっとラーメン腹おさまりきらずちゅうもどかしいまま現在に至るちゅうわけなんじゃが・・・。

« 牛骨ラーメンの名店で茶トラの看板猫 | トップページ | 牛骨ラーメンの超有名店で叉焼を沈める瞬間の幸せ »

らーめん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488076/30415286

この記事へのトラックバック一覧です: 朝1時30分と10時30分のラーメン:

« 牛骨ラーメンの名店で茶トラの看板猫 | トップページ | 牛骨ラーメンの超有名店で叉焼を沈める瞬間の幸せ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ