最近のトラックバック

« 流石の牛骨ラーメンの名店で深く反省 | トップページ | SAの尾道ラーメンなかなかやるじゃん »

古都の歴史ある銭湯で熱々

174502近鉄の商店街を抜けてぶらぶら歩きよったら昔懐かし銭湯があったけえ突入じゃ。

番台が低うて女湯の脱衣場が丸見えなんはご愛嬌。どうせ安く入湯出来るお婆ちゃんしかおらんけね。この古都には老春手帳という高齢者超優遇システムがあって
ワシ等は400円払うが年寄りは100円でええらしい。下駄箱も脱衣箱も木製で立派でなかなかじゃが、風呂んなかの椅子も昔ながらの高さ15cmくらいのやつであれに座るんが結構きつい。しかし温度は熱々で旅の疲れも一気に取れるわいね。椅子で休んじゃろご老人の伸びきった金玉袋を眺めるでもない、そういや桶に書いてあるケロヨンっちゃあなんかいね~。

« 流石の牛骨ラーメンの名店で深く反省 | トップページ | SAの尾道ラーメンなかなかやるじゃん »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古都の歴史ある銭湯で熱々:

« 流石の牛骨ラーメンの名店で深く反省 | トップページ | SAの尾道ラーメンなかなかやるじゃん »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ