最近のトラックバック

« 日本一の清流を目指し太平洋でサーファーを眺める | トップページ | 朝のせわしないひとときに癒される »

猫のおる老舗の牛骨ラーメン屋で寛ぐ朝

Ca340006001

値上がりに耐え頑張るこの地のラーメン屋はエライ。500円の呪縛に耐えつつ色々な苦難をスープで感じちょったが、今日は久々にがっつりした牛系の香りと香ばしい鶏の脂に眉が開いたわいね。

唇をつるつるにして完食。(とはいえスープは残します)爪楊枝咥えて裏に廻れば子猫兄弟が日向で寛いじょってワシもついついの笑顔。女将この家系は皆スコティッシュホールドみたく耳が寝ちょってからに、その可愛いことっちゅうたらもう!ラーメンもう一丁じゃね。

« 日本一の清流を目指し太平洋でサーファーを眺める | トップページ | 朝のせわしないひとときに癒される »

らーめん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488076/25650333

この記事へのトラックバック一覧です: 猫のおる老舗の牛骨ラーメン屋で寛ぐ朝:

« 日本一の清流を目指し太平洋でサーファーを眺める | トップページ | 朝のせわしないひとときに癒される »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ