最近のトラックバック

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

朝のせわしないひとときに癒される

Yotaro1002 抱かれ嫌いねこの勇太郎が朝飯かっこんどったら突然膝の上に飛び乗ったと思ったら目を閉じてゴロゴロ。

うむむむ膝に乗るなんちゃあ1年ぶりじゃわ~とじんわり猫の体温をたのしんじょったらいけんいけん!遅刻すると思いながら勇太郎の朝の定位置のファンヒーターに目をやったらなんと運転しちょらんけえ・・あ!なるほ

猫のおる老舗の牛骨ラーメン屋で寛ぐ朝

Ca340006001

値上がりに耐え頑張るこの地のラーメン屋はエライ。500円の呪縛に耐えつつ色々な苦難をスープで感じちょったが、今日は久々にがっつりした牛系の香りと香ばしい鶏の脂に眉が開いたわいね。

唇をつるつるにして完食。(とはいえスープは残します)爪楊枝咥えて裏に廻れば子猫兄弟が日向で寛いじょってワシもついついの笑顔。女将この家系は皆スコティッシュホールドみたく耳が寝ちょってからに、その可愛いことっちゅうたらもう!ラーメンもう一丁じゃね。

日本一の清流を目指し太平洋でサーファーを眺める

Taihei09_2酷い二日酔いでからにバスに放り込まれボランティアの慰安旅行。坂本竜馬の誕生日そして命日に有名な砂浜でおえおえちゅうてぼやきつつ・・・。

明くる日に最後の清流ちゅうて言われちょる広大な川に向う途中のトイレ休憩で、膨大な数の太平洋で戯れるマジサーファーがおったけえ。毎日こうやって広大な自然に向き合って生きる遊ぶ人等~が羨ましいの~ちゅうて。波はひとなみふたなみ、ざんぶざんぶと二度と同じ波はこんのんよ。見飽きんといいたいが、わしは10分で飽きました。

麺に力の無いこの力うどんは麺に力を入れないからいいのだ

Ca340046讃岐のグミみたいな饂飩も好きじゃが、一番ホームの御当地饂飩も大好き。普通に美味いんがエエね。

チェーン店舗のこのうどんは御当地饂飩の代表じゃね。麺は茹でてふわふわに鍋に浮き上がる柔らか麺。お出汁は鰹が香る食べ易さ。当たり前みたいにおむずびを残ったお出汁で頂けば、あとは帰り道のJRで爆睡。炭水化物のおかずで炭水化物の主食を摂取した罪悪感はあとあとの体重計で再度味わうんよね。

改造車に囲まれおとこの子になる

Ca340043ちょっとした仕事の付き合いで特殊改造車の設計に付き合うたんじゃが、サンダーバードみたいな改造やらヤッターマンみたいなパトロールロボットが出てくる積載やら一切却下。

それでもなんとか車両が完成、検収の立会いにつきおうたんじゃが、まあその工場の面白いことちゅうたら、レントゲン車やら消防車やら、ぶった切ったり繋いだり、手打ちで叩き上げたボディやり男ん子は皆こんとなメカが好きなんじゃね。これが楽しうないなったらTV録画も出来ん携帯も使えんメカ音痴老人じゃの。

老舗の名店で小言の佐賀県人

67同僚が入院したので見舞いに行ったんじゃが、折角じゃけえラーメン。

佐賀県人を連れて折角じゃけえ九州系の豚骨はえかろうちゅうて醤油豚骨、沖の老舗は休みじゃけ仕方なしに小鳥系の老舗に行ったんじゃが、まあ相変わらずの繁盛ぶりに笑顔で待ったんじゃが値段は600円とこの田舎の都会でまあまあがんばっとるがなにせスープがしゃばい。娑婆過ぎるったい!プログラマーの佐賀県人曰く「こりゃ味がせんと」うむむのむ・・・確かに。

久々の地粉の饂飩で笑う

Ysu02_2 猫のおる牛骨ラーメンのあとでちょっと小腹が空いたけえ近場のうどん屋に突入。

メニューはみな汁もんの温かい饂飩ばかりじゃけえ「冷たい麺がくいたいけえ麺に醤油だけでもええんじゃが」と無理な注文してみたらぶっかけが出てきた。麺香りよく、腰もあり讃岐通いのワシも文句無し。出汁はちょい甘めじゃがこれは本土じゃ仕方ない。うまいんんまい!と一気の幸せ。帰りしなに礼を言おうとしたら奥からしっかりした目のご主人の笑顔が見えた。再訪が楽しみな一杯じゃ。

関鯖対地鯖は地鯖の勝ち

Ca340047佐賀関の関鯖はなんちゅうこたあない鯖なんじゃが、時事放談から出たちょっとしたアイディアでブランドと化した。

今は九州地区の何処に行っても「関鯖」がメニューにあるんじゃが、たかだか一本釣りの魚がそんとに取れるわきゃあない。佐賀関の近辺にやあ漁船に遊漁船がひしめき、オキアミが毎日何トン単位で投入されとるっちゅう話じゃけえもう関鯖も養殖状態じゃね。地鯖で十分。安い美味い、間違いない。

某フランチャイスのラーメンでうむむ

Ca340023001魚介系さっぱりもこってりもうむむのむじゃけ~不味うも無いし美味うもない。

どうしても退屈になって完食出来んかったが、つけ麺は美味いね~ちゅうて完食。魚粉がちいとざらざらしてやれんかったが麺が見たコト無い麺でこれが美味かった。漬けもんサービスは嬉しいが再訪は無いじゃろの~とか思いつつ、つけ麺は要チェックかもじゃ。家族連れやら豚骨好きにはかの~とちょいフォローしつつああそれよりなにより幽霊みたいな声出すバイト君が腹立つ前に可笑うて・・・・。

とつぜんのお好み腹に戸惑うことなく

Ca340035キャベツの生地にたっぷりの野菜、ソバをばりばりにしたら卵で閉じて炒めた玉ねぎと温泉卵と葱やらゴマをトッピング。生地を使わんお好み焼きはここだけじゃ。

親父が「どがいなん焼こうかいの~」ちゅうけえ色々言いよったら「折角わしがちょっとちごうた焼き方で美味いのを食わしちゃろうと思うたのにの~」とか言うけえ「じゃったら好きに焼いて」ちゅうたら「焼き方をなんじゃかんじゃ言う人じゃの~」とか「あんたあ1年こんかったろ~」とか久々なもんじゃけくすぐったいわいね。うははは。

はあこれ以上こわいもんはないけえねと女将

Ca340030_2調子もんのドラムが経営する工場が無事災害から立ち上がり始めたけええかったえかった。

美人で強面の女将は「お好み焼きが食べたい」ちゅうてワシを困らしたがううむ・・・我町に美味いお好み焼きは無いけえね~。今度塀を自消でつくらしいんじゃが「みなさん手伝いにきてください」と女将。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ