最近のトラックバック

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

開店前に子猫のひなたぼっこ

Ca340008 朝5時から起きて仕事しよったら10時前にお腹がぐーぐー鳴くけえぶいっと牛骨ラーメンの名店に。

開店前の駐車場の陽だまりで兄貴猫が目をつぶり、弟猫がハーネスに絡まって遊んじょったけえ「わーい」。2匹ともハーネスに繋がれて交通事故対策も万全、元気に育ってなにより。またまた次回の訪麺がたのしみじゃの~。あ!今日のラーメンは香りも脂も多めに灰汁の浮いたストロングタイプじゃったが当然の完食。

海のゴキブリに軍配あがる

Segoshi 鯵とカワハギ(ウマヅラではないほうの)とスズメダイをセゴシにしてもらってうふふ。

骨ごと噛んで骨髄の甘みを味わうこの料理法は至って簡単じゃ。鯵、ハゲ、スズメダイと交互に味おうたが、やっぱりセゴシはスズメダイじゃね。波戸釣りじゃあゴキブリ扱いされるこの真っ黒な魚は嫌われもんじゃが、流石「鯛一族」じゃね。

防犯パトロールで吊り目の散歩

Ca340005002 市の防犯パトロールの順番が廻ってきたけえ仕方なしに参加。

60過ぎの爺婆は皆健脚で口も閉まることなしに元気でなにより。しかし最後尾のワシに「はいこれ持って」と黄色の旗を渡しやがった婆にはたまげた。傘を持つくらいじゃったらずぶ濡れになったほうがマシと手にもの持つの大嫌いなワシ。仕方のう腰のベルトに刺してあるきよったが、こんとな夕食時間のパトロールで防犯になるわきゃないとか思いつつとぼとぼの1時間。

天空にそびえるかき揚に笑う

Ca340003 社員食堂で若干の二日酔い気味の体調についオーダーした「かき揚げ蕎麦」にひとり笑う。

かき揚げを無造作に突っ込んで、おまけに指まで突っ込んで「はい~おまち~」と食堂のお婆婆が差し出す丼からは、かっちかちに乾いたかき揚げが空にそびえ1分後にわしの口蓋を突き刺した。最初固いがはらりほろりと解れてぐずぐずになったころ、はんなりとしてなかなかエエ感じなるんは人間関係あるいは恋愛にも似ちょるかもね~。

ミッキーマウスは好きじゃないけど

080923_10170001 帰ったら雄猫の勇太郎がミッキーマウスの被り物で出迎えてくれたぇえ笑うた。

まあ文句もいわんでちょい首んとこのカキカキがしにくそうなが、まんざらでもない様子。ダックス~ビーグル犬用らしく耳を出す穴もあるが流石に猫にゃあ無理むり。昔は犬に洋服着させる阿呆を見て怒りよったし、人間の勝手で窮屈な思いさせるんもイケンちゅうておもいよったが、まあこの可愛いことっちゅうたら・・・・。

へたうま看板の底ぢから

Z9800254 なんともいえんレトロな看板に釘付け。

下手糞なんじゃが、絵にはそこはかない色気と清楚感があり、OL若奥様と書くことで素人感を訴え、ピチギャルで若さを訴え、ハートマークで愛情(ひと時の愛情を演じる情け深さ)を表現しちょる非常に興味深い看板じゃが、間違えても入っちゃいけんのんよ。全てにおいて正反対じゃけね。

死にかけのまま50%食してギブ

Ca340014 出社するも強烈な二日酔いでダウン。

なんとか昼に起き上がって会社近くの身体に優しい中華蕎麦を訪ねたんじゃが、濃い口固麺というたにも関わらずいつもの薄いスープに薄い塩分濃度。女将の若さと笑顔に気遣うままなんとか半分食べて逃げ帰った。いつか8割残したときには追っかけてこられて参ったけえそれから勘定は先に支払う癖がついたんよね~・・・・。2回ほどコクがあってぶち美味いんを食べたんが記憶にのこっちょって定期的に訪ねとうなる小さな町の中華蕎麦。

久々の一杯に笑顔が戻る

Ca340012 長いこと足を運んじょらんじゃったけえ~つい~退社後に40kmの移動。

御馴染みの牛臭さに葱沢山、脂も香ばしく夢中で食べ終わって子猫の様子を聞けばなんとあの育児放棄のママ猫が、また産んだんですよ~と言うのを聴きながら笑顔も綻びついついのお汁まで完食。ご主人が体長20cm程の子猫を見せてくれたがまあ可愛いちゅうたら手放しの可愛さじゃけえやれん!・・・・あ!写真撮るの忘れた。

納豆と冷奴の親子どんぶり

Oyakodon9 豆腐は毎日食べるんよ。

ご飯の代わりに炭水化物断ダイエットなんじゃが、ここ数日風邪で兎に角栄養重視、食べて食べてしとるうちにお腹がもたもたしてきたけえ、久々にお豆腐なんよ。絹ごし豆腐に辛子とお出汁と醤油で練った納豆。納豆の混ぜる回数は前にも書いた魯山人の指示のとおり。そのねちょねちょずるずるをつるんつるんの豆腐にぶっかければ、いや~んパパ!おおおお前か~てな具合で親子の対面。ちゅうてね・・・・・・・・・はあああああ、ちゅうか親子じゃないの~こりゃあ。食パンに饂飩サンドと同じじゃ。兄弟丼じゃあはははは!ちがうか?

夏風邪で寝られん男とよじくれたまま眠る猫

080815_08500001 もともとエアコンにゃあとことん弱い寒がり体質なんじゃが、職場のエアコンの風が四六時中身体にあたっとってからに、普通は上着はおったり調整するものの、先週は珍しくもちょい仕事に夢中になってしもうてからに、いつの間にか鼻水じゅるるんこ。

微熱のときちゅうて寝込むほどじゃないし、でもだるいし眠いし、ずっと寝れるほどしんど~ないし、飯もビールも美味いし、でもだるいし眠いし・・・・はああああこいつみたいに一日中寝ときたいんじゃがの~、がりがり君でも齧ろう。

気心の知れた仲間とのわがまま宴会

080902_18050001 今日しめたばっかしの鯖があるいうけえ片身をタタキにしてもろた。これは某寿司屋で味をしめて時々作ってもらう逸品。もろちんビール&芋焼酎もご一緒ね。

しめ鯖を軽く焼く。オロシ玉ねぎを乗せ一味を軽く振080902_19320001_2り、あとは季節の野菜等などという簡単さじゃが、んんんんまい。あとはカンパチ(養殖)平目(養殖)タコ(地物)、串カツ、焼き鳥etc、最後の最後に海兵隊向け焼き飯を注文しサイコロステーキをトッピングしてもろて、もうこれ以上食えん幸せ。

 

もり蕎麦の盛り上がったザルに物申す

L1030021 お江戸の名店でザルを頼む前にビールを一杯。

ほんまは真夏でも酒、しかも熱燗が江戸っ子じゃが、ワシは本籍関西で山陰生まれの山陽育ち、ここはエビスでしょ。っちゅうわけで板わさやら、わさび漬けやらで一杯やって仕上げの蕎麦はこうやってずるずる、こうやってずるずる・・・?ん?ザル盛り上がってるやん!お代わり!

せんこう花火を眺めつつ吉田拓郎の夏を思い出した

Senkohanabi001 線香花火も今はもちろん中国製。

いつか国産のもみたことあるけど、もちいと繊細に変化しよったような気がする。あ、福田のおっさん逃げたか~(笑)。まあええけど。後継者もおらんまま日本はどうなるんじゃ。ガゾリンの価格をしらべよったら日本のガソリン税は世界一並み、しかも世界一を誇る福祉国家の価格並みじゃけたまげた。残念ながら我国家に福祉は出来てない。年金だってもらえてない。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ