最近のトラックバック

« 気持ちを上手に切り替える猫的ストレス回避法は果たしてどうなのか | トップページ | わすれもん »

自分の名前にちゃんづけするのは2歳までましてや「たん」づけは見苦しいし痛すぎる

Dsc03527 餅つきに行くと知らんガキがぶちおるけえ面倒くそうてやれん。知らん顔しちょるのになしてか興味深深顔で近寄ってくるガキに「お前誰?」と名前を聞く。「○○ちゃんよ」とガキが言うんで「お前の~自分で名前にちゃんつけんなよ」というとガキは逃げる。

2歳児相手の会話は猫じゃろが犬じゃろが年寄りじゃろが若干の敬語は使えど、基本的に差別なし。

ところが何かの拍子に糞勘違い中年女のWEBを覗いてしもうてすぐさま後悔した。ノロを超える毒気ちゅうかお馬鹿さ加減。「○○たん」ときたけえ、エエ歳してちゃんづけもいけんし、たんづけは味噌タンだけにしてほしい。おまけにあまり綺麗な人じゃないみた(略)じゃけえ笑うに笑えんだい。(写真は関係ない結婚式に行ったらワシの好きなタムケンやりよったけえパチリ)

« 気持ちを上手に切り替える猫的ストレス回避法は果たしてどうなのか | トップページ | わすれもん »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 気持ちを上手に切り替える猫的ストレス回避法は果たしてどうなのか | トップページ | わすれもん »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ